早期発見、早期治療の大切さ【大腸がんなどの最新治療と最新検査法】

医者

転移したがんの治療法

病院

転移がんの治療は外科手術では難しい。最近は最先端の治療法として免疫療法やNK細胞療法が行われており、転移がんの新しい治療法として確立されている。免疫療法やNK細胞療法でがん治療を受けるには、がん治療専門の病院に通院することが必要である。

Read More...

飲酒や喫煙者に目立つがん

女性

食道がんは飲酒や喫煙習慣のある人に多く見られ、食事中に違和感を覚えることで症状に気づく人が多いです。しかし、その状態では進行度も高くなり、治療の負担が大きくなってしまいます。予防のためにも検診を受けていくことで、その負担を抑えてくれる効果があります。

Read More...

初期なら根治するがん

先生

食生活の欧米化

大腸がんを発症する人の多くは50歳以上の人です。発症が一番多いのは60歳代で高齢化が進んでくるとこのがんも多くなってくると予想されています。大腸がんの多くは肛門の近くにできたがんです。便が停留している時間が長かったり、便の中に入り込んでいる発がん物質が何らかの影響を与えていると考えられています。また食生活が欧米化してしまい脂質の取りすぎや、高齢化も大腸がんが増加している原因とも言われています。食生活が欧米化してしまうと、便が大腸内にとどまっている時間が多くなってしまい、その中に含まれている発がん性の物質が腸の粘膜に長い間接触してしまいます。遺伝的なものも考えられていて、特にポリープがある人は良性であってもそれががん化してしまうこともあります。

高齢化に伴って

大腸がんはほかの臓器と比べてみると進行速度が遅いがんです。がん細胞が腸内の粘膜にあるときにはリンパ節を通しての転移は起こしません。進行がんになってくるとほかの臓器へ転移してしまいます。そのほとんどが肝臓と肺に転移していきます。高齢化が進んでいる現代では徐々にこの大腸がんを発症する人が多くなっています。定期的な健診で転移をする前のがん細胞を早期に切除することが大変に重要になってきます。リンパ節の転移やほかの臓器に転移がなければ、多くの場合根治できるのが大腸がんです。食物繊維を豊富に含んだ食事に心がけ、規則正しい生活をすることが大変に大切になってきます。喫煙や大量の飲酒もこのがんを発症する危険因子です。

検診で早期発見

女の人

乳がん検診はマンモグラフィー、超音波検査などがあり、四十代以上は定期的な受診が勧められています。二十代以下は乳腺ががんと区別がつきにくいため基本的には必要ありません。受診費用に補助がでるようになったり、乳がんの話題がでたおかげで受診する人は増えつつあるのです。

Read More...