早期発見、早期治療の大切さ【大腸がんなどの最新治療と最新検査法】

医者

飲酒や喫煙者に目立つがん

女性

症状に気づきにくい

食道がんは、口腔内の咽喉から胃までの食道にできてしまうがんで、進行してしまうとリンパや他の臓器にまで転移してしまいます。食道がんの発症原因は、飲酒や喫煙による過剰な摂取が指摘され、現に患者のほとんどがそういう習慣をしていた人が目立ちます。食道がんの症状は、食事をするときに咽喉がつっかえたり違和感を覚えることがあります。しかし、このような症状が出たときは、すでにがんが進行している場合が多く、初期のころはほとんど症状がありません。そのため、検診を受けていかなければ気づきにくい症状なのです。特に、日頃から飲酒や喫煙習慣のある人は、食道がんに気を付けなければいけません。また、飲酒に関しては、お酒が弱い人は食道がんにかかるリスクがかなり高くなります。もともとアジア人はお酒が弱い体質の人が多いので、飲酒で顔が赤くなるなどの症状があれば無理をしないのが一番です。

治療と検診での予防

食道がんの有無を確認するには、検診で分かります。特に胃の検診で異常が発見されることも多く、この場合は再度詳しい検査で食道内を調べていきます。そのときに使われるのが内視鏡で、これで発見される確率が高くなってきます。初期の場合はがんも小さいので、内視鏡手術で切除することができます。がんが大きくなったり転移している場合は、腹腔鏡や開腹手術が行われます。しかし、進行度からいけば初期の状態が肉体的な負担も少ないので、検診を受けていくことがより安心です。また、食道がんの治療を専門とする病院や医師も全国に存在します。そういった情報を収集して、カウンセリングを受けていくことも大きな効果です。症状が進行していたとしても、その高い技術で安定を保つことは十分に考えられます。