早期発見、早期治療の大切さ【大腸がんなどの最新治療と最新検査法】

医者

転移したがんの治療法

病院

がんの治療法の今後の動向

初期段階のがんは、がん細胞のある腫瘍を外科手術で切除することによって治療する。初期段階で治療することができなかったがんは近くの臓器に転移し、やがて全身ががんに侵される。転移がんの治療は外科手術ができないため、放射線療法や化学療法によって治療する。転移がんの治療は大変難しく生存率も低い。また、放射線療法や化学療法を受けると脱毛するなど重い副作用があり、がん患者から体力を奪うことになる。最近はこれまでの治療法とは異なる新しい治療法が確立されており、一部の先進的な病院では、新しい治療法による転移がんの治療が行われている。新しいがんの治療法には、免疫療法やNK細胞療法などがある。免疫療法やNK細胞療法は従来の治療法よりも副作用が出ることが少なく、転移がんの治療実績も優れている。今後は新しいがんの治療法である免疫療法やNK細胞療法は、これまでよりも盛んに行われるようになると予想される。

転移したがんの治療の特徴

がん細胞は体内でどんどん増殖することが特徴である。若い人ほどがん細胞の増殖のスピードが早いため、若者ががんになると全身に転移して死亡するケースが多い。がんに侵されると臓器に腫瘍ができる。腫瘍のがん細胞はリンパ節を伝って近くの臓器に転移し、転移がんになる。転移がんは外科手術で完全に切除することが難しく、放射線や抗がん剤を使ってがん細胞を殺傷する治療が行われる。これまでの転移がんの治療法は、抗がん剤治療や放射線治療が中心であった。最近は最先端の治療法として、NK細胞療法や免疫療法が行われるようになっている。最先端のがんの治療法は、転移がんの生存率を高めることに大きく貢献している。NK細胞療法や免疫療法を受けるには、最先端のがん治療を行っているがん治療の専門病院に通院することが必要になる。